能勢菊炭について

台場クヌギ

由緒ある「池田炭(能勢菊炭)」の興りは古く、元は摂津の山々から多く産出される鉱物の精錬のために使われていたようです。

そんな由緒ある「池田炭(能勢菊炭)」のことをご紹介いたします。

能勢菊炭について >>

会社概要

nagasumi1

「合同会社 能勢さとやま創造館」のご紹介をいたします。

日本の大切な伝統工芸品として、大阪府北部(てっぺん)の能勢町で生産する"能勢菊炭"を現代の生活に残すため「炭の新しい楽しみ方」をご提案させていただき、日々新しい商品開発に力を注いでおります。

会社概要ページへ >>


姉妹サイト

日本の美 能勢菊炭
姉妹サイトのリンクバナーです。クリックいただくと「能勢菊炭」のより詳しい情報がご覧いただけます。

能勢さとやま創造館Blog

能勢さとやま創造館Twitter

携帯ページ

HOME»  能勢菊炭の紹介»  能勢菊炭の紹介
能勢菊炭について

能勢菊炭 切り口が菊の花のように美しい事から「菊炭」と呼ばれるようになりました。北摂の山々で製炭され、大阪府池田市へ集積された事から「池田炭」とも呼ばれています。炭の材料にはクヌギを用い、生産するには大量のクヌギ材を必要として乱伐採がされていたように思いがちですが、この樹種は元株が残っていれば何度でも生えてくる木なので、乱伐どころか何度でも再生し生産できる循環型産業なのです。

炭には7~8年くらいたった木が主に使われます。それを万遍なくローテーションさせて伐採していきます。そのため、北摂地域には日本一といわれる里山が残っています。最盛期には約40軒にものぼっていた炭焼き農家は都市化によって衰退し、今では極少数の農家が伝統技術を守り続けています。 原木

能勢菊炭 大阪府能勢町地域の特産品のひとつともなっている「池田炭(能勢菊炭)」は、茶道の分野では全国的に有名でありながら、あまり一般的には知られていないようです。火力が強くて火持ちが良いこと、香りが優れていることで「茶の湯には最高の炭」と言われています。長享年間(1487~1488)に池田の椋橋屋治朗助が足利義政に献上しており、文禄4(1595)年8月15日に豊臣秀吉が池田伏尾の久安寺で観月の茶会を催したときこの炭を薦めた記録が残っています。

■能勢菊炭のいろいろな情報

能勢菊炭についての「より詳しい情報」は当店の別サイトにてご紹介いたしております。下記のテキストリンクをクリックいただくと、それぞれの情報がご確認いただけます。
(リンク先は「別ウィンドウ」にて表記されます。)

炭焼き師からの伝言
記録
写真
支援
能勢菊炭とは…
菊炭とは?
菊炭の歴史
炭の特性
様々な炭
お茶席の影の主役
お茶席
茶の湯炭
茶席案内
品質は生産地が重要
産地
生産
炭焼き工程
能勢菊炭の新舞台
新しい提案
新能勢菊炭の姿
様々な工夫